NISHIKO

WORKS

WORKS

GRAPHIC GO! 草津

  • Client大分県別府市

今年1月23日に発生した本白根山の噴火による草津温泉の風評被害を払拭する応援広告として、2月16日西日本新聞朝刊の広告を企画・制作しました。

2016年に発生した熊本地震で様々な方々から支援を受けた別府市の立場から、噴火の風評被害にある草津温泉を「今は、別府行くより、草津に行こうぜ。元気があってこそライバル。Go! 草津」として、直接的に応援するものです。

掲載後、様々なネットニュースでも取り上げられ、SNSでも「いいぞ別府市」「どっちも行こう」など、コメントとともに拡散されています。